TOP > カラコンの安全な製法とは?

カラコンには、様々な製法があります。
それぞれの製法によってカラコンの見た目が
大きく変わるわけではありませんが、安全性に違いがあります。

カラコンを使用するなら、
出来るだけ安全性の高いものを選びたいですよね。

カラコンの安全性の高い製法には、どのようなものでしょうか。

▼サンドイッチ製法
サンドイッチ製法で安全な日本製カラコンも登場したようですが、このサンドイッチ製法が最も安全です。カラコンの色素が直接目に触れることによって、目のトラブルを誘発します。つまり、カラコンの色素が目に触れないようになっている製法は、安全性が高いということになります。サンドイッチ製法は、色素の部分を、2枚の薄いレンズでサンドイッチのように挟む製法です。サンドイッチ製法が安全性の高い製法だと言われているのは、色素がしっかりとレンズに挟まれているため、色素が外に漏れないようになっているからです。しかし、色素を2枚のレンズで挟んで作ることから、どうしてもレンズ自体に厚みが出てしまいます。近年では、サンドイッチ製法でありながら、レンズが薄く作られているものもあるようなので、サンドイッチ製法で作られたすべてのカラコンが、レンズに厚みがあるというわけではなさそうです。

▼フルキャストモールド製法
フルキャストモールド製法とは、表面に着色したレンズを、特殊なポリマー素材で覆う製法です。この製法も色素の部分が、外に漏れないようになっているため、安全性が高いと言えます。さらに、この製法は、レンズを薄く作ることが出来るため、レンズのつけ心地が良いという特徴を持っています。また、セミキャストモールド製法も、同じように着色したレンズを特殊なポリマーで覆う製法ですが、フルキャストモールド製法の方が、より進化した製法となっており、レンズが薄く、酸素を通しやすくなっています。

カラコンの製法の中には、薄くても
レンズの色素が外に漏れてしまうようなものがあります。

薄くてつけ心地が良いだけでは、安全性が高いとは言えません。

カラコンを安全に使用するためにも、
出来るだけ色素が目に触れないような
安全な製法で作られたものを選ぶようにすると良いでしょう。